法人の概要

法人名称特定非営利活動法人 DV対策センター
所在地〒227-0033
横浜市青葉区鴨志田町807-5
設立日2020年3月31日
(団体創立:2019年5月)
役員代表理事 穂志乃 愛莉 (産業カウンセラー、ハラスメントカウンセラー、メンタル心理カウンセラー)
理事   金村 伸悟 (公認会計士)
理事   鶴羽 良弘 (弁護士)
理事   岩岸 美奈子
理事   菅野 智進
監事   西  俊之 (行政書士)
業務内容

  • DV・虐待被害者の相談事業

  • DV・虐待被害者のための一時保護施設の運営事業

  • 心身の回復のための個別カウンセリング、講座開催、ワーク開催

  • 子ども向け居場所支援・学習支援・食事提供支援、エンパワメント講座の開催

  • DV等で避難中の世帯、及びひとり親世帯への食支援、住宅確保支援、就業支援、同行支援

  • 担当弁護士、医療機関、警察、裁判所、児童相談所、各学校、ほか行政等と連携及び連絡調整支援

  • DV防止講座、子育て講座の開催、講師派遣、その他DV・虐待・貧困の連鎖を防ぐための啓発活動の実施

定款

特定非営利活動法人DV対策センター 定款

報告書

その他の事業の中期的事業計画

公的シェルターにはなじまない方(母子、若者)が入れるシェルター運営の安定維持、啓発活動を子どもを含め地域全体に広めていく、アフターフォロー支援に力を入れていく。
DV・虐待・貧困の連鎖を防いでいくことを目標とする。

>2021年度~2024年度

2021年度

DVシェルター運営と啓発

2021年度安定化のために
シェルター運営維持行政の補助金をもらえるようアプローチ
啓発活動の開始寄付会員制度の構築に向けて、準備
食支援拡充(青葉区から都筑区へ広げる)企業様へ寄付のアプローチ
2022年度

DVシェルター運営の安定化と啓発活動の定着

2022年度安定化のために

シェルター運営・食支援維持

動画作成、発信。横浜市小中学校や子どもの居場所、連携団体などでセミナー開催等
啓発活動の強化アフターフォロー支援の拡充
アフターフォロー支援拠点(①母親向け②若者向け③子ども向け)の立ち上げマンスリー寄付制度開始、クラウドファンディングの準備
若者向けシェルターOPEN企業様からの寄付のアプローチ
食支援の継続
2023年度

啓発活動強化、アフターフォロー支援強化

2023年度安定化のために
シェルター運営維持、食支援の安定化
(民間助成金に頼らない運営)
啓発やアフターフォロー支援など、行政と連携して展開していく準備をする
啓発活動の強化(横浜市の小中学校で人権について・性についての出前授業開始を目指す準備)就業先・寄付をいただ先としての連携企業の加増
アフターフォロー支援拠点の強化
アフターフォロー支援事業を行政事業として展開するための準備
2024年度

アフターフォロー支援事業化

2024年度

行政からの委託事業開始

(アフターフォロー事業、小中学校での啓発活動)
就業先・寄付先のグループ作り、安定運営を目指す

業務提携先


まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.
https://sbc.yokohama/

連絡先

電話・FAX045-482-3422
メールアドレスdv.taisaku@gmail.com
LINE ID
dvtaisaku